アパートについて

賃貸物件は定期的に契約を更新する必要があり、その際には更新料が発生します。

この更新料を払うのが勿体ないからと引っ越しを考える人は少なくありません。

しかし、実は更新時期というのは最も家賃交渉をしやすい時期なのです。

なぜなら、大家にとって最も痛手となるのは契約が更新されずに今の住人に部屋を退去されて空き室が出来てしまうことだからです。

空き室になると、まず部屋を新しく使えるように原状回復させなければいけませんし、次の住人が決まるまでその部屋の家賃収入は滞ってしまいます。

そうなるよりは今の住人の家賃を下げたり、更新料を少し減らした方が大家にとってもメリットがあるのです。

ただし、当然、その近辺の物件の家賃相場とかけ離れたような要求は通りませんので、大家も納得する根拠のある家賃価格を提示することが重要です。

特にこうした交渉は地域に根付いた物件であればより交渉がしやすいので、釧路でも家賃の交渉をすることが出来る物件はあるはずです。